株式会社シラカワ 飛騨の家具認定企業

飛騨の家具認定企業

「飛騨・高山の家具」「飛騨の家具」は地域団体商標です。

「飛騨・高山の家具」「飛騨の家具」は地域団体商標

協同組合 飛騨木工連合会では、伝統文化の精神性を大切にした上質な家具づくりを通して「飛騨の家具」のブランド化に取り組んでいます。その一環として、長年慣れ親しんできた「飛騨の家具」という名称を保護するため、地域団体商標を取得しました。

「飛騨の家具」と「飛騨・高山の家具」という、二つの地域団体商標を平成20年(2008年)1月に登録。平成21年(2009年)5月には台湾、平成22年(2010年)2月には中国と、海外の二カ国でも登録を終えています。
これにより、協同組合飛騨木工連合会の組合員企業が、飛騨地域で製造した家具でなければ「飛騨の家具」「飛騨・高山の家具」、更には類語(飛騨家具、高山家具、飛騨地域の家具、飛騨の民芸家具、奥飛騨の家具など地域名と家具が一体になったもの)を表示・使用できなくなりました。

ロゴマークの商標登録は平成21年(2009年)11月に登録済。この商標は協同組合 飛騨木工連合会の組合員であっても、定めた認証基準を全てクリアした認定企業でなければ使用できません。

シラカワは「飛騨の家具」認証基準をクリアした認定企業です。

シラカワは「飛騨の家具」認証基準をクリアした認定企業

「飛騨の家具」認証基準要項

「飛騨の家具」「飛騨・高山の家具」認証制度実施規定により、認証に関する基準を以下の通り定める。

①エコロジー基準
地球環境、地域環境、健康に配慮した素材や原料等の使用及び製造方法に取り組んでいる組合員企業が製造した家具
②産地基準
製品の木部加工(木取加工終了後から開始される加工)が飛騨地域内で全て行われている家具
③保証基準
組合が認定した保証基準書が添付され、木部の保証期間が10年間となる家具
④品質基準
品質に関する法律等の遵守とともに、組合が認定した「表示文、警告文、取扱説明書」等が添付されている家具
⑤木材基準
木材に対する優れた目利きの技術により選ばれた良質な木材を使用している家具
⑥デザイン基準
飛騨デザイン憲章を遵守している組合員企業が製造した家具

「飛騨の家具」認証
詳しくはこちらをご覧ください。

飛騨デザイン憲章

【自然との共存】【人が作る】【心の豊かさ】【伝統を活かす】【永続性】の5つの条文を掲げ世界に向けて日本を代表する飛騨デザインを発信するために1998年(平成10年)に制定されました。

第一条「自然との共生」

飛騨デザインは、自然との共生を考慮し、将来も持続可能なモノづくりのあり方を追求します。

森に生かされ、森を活かす

持続可能な未来のために、アメリカンオークの絞り込んだ素材を使用。
私たちは、アメリカ産天然木「グレーシャーレッドオーク」を主材として主に使用しています。
シラカワがアメリカ産の材料にこだわる理由はもう一つあります。それは自然との共生です。アメリカの製材業は樹木の生育量と伐採量のバランスの上に成り立っています。持続的に木材を供給するためと、野生動物、湖沼河川、地形など、環境にとって大切な価値を守るため、世界最高水準の森林管理で、循環型の森林行政を行なってバランスをとっています。
現在は、国産材も使用していますが、自然保護の観点からも、今後とも持続供給が可能なアメリカ産材を主材として使用してまいります。これにより、安定的な商品供給にもつながると考えています。
第一条「自然との共生」

第二条「人が作る」

飛騨デザインは、人の手の技を尊重し、つくり手が喜びと誇りを感じられるモノを目指します。

人がつくり、人をつくり、人とある

彫刻的なラインを再現する、「治具」
私たちは、決してデザインに妥協はしません。シラカワの家具の大きな特徴の一つとして治具の存在があります。
治具とは、簡単に説明するとチェアの複雑な形状を削るためのガイドです。手づくりで追い求めた彫刻的なラインを実現するためには、必要不可欠な加工技術です。
私たちの作るチェアは、最初から機械を意識した安易な面は一つもありません。
何回も何回も数多くの治具を取り替えながら加工し、微妙なカーブが創り出されていきます。
それはチェアが道具としての役割以上に、クリエーターのモノづくりの思いと物語がつまっていると考えるからです。
第二条「人が作る」

第三条「心の豊かさ」

飛騨デザインは、世界の人々のこころの豊かさと、精神のやすらぎを与えるものをつくります。

こころ豊かに暮らす

癒しの空間に安心と安全を
私たちの家具が愛着を持って使っていただけるために、塗料にはホルムアルデヒドはもちろん、トルエン、キシレン、アセトアルデヒドは一切使用していません。
合板、MDFは6有害物質の濃度指針をクリアしたF☆☆☆☆を使用しています。商品にはPL法の取扱説明書の添付と「飛騨の家具」ロゴマーク、環境配慮マーク、PL保険加入のSA・FUマークと原産地表示をしています。
安全のために、公的機関による国際基準の耐久性試験検査に合格しています。

第四条「伝統を活かす」

飛騨デザインは、日本の伝統文化を尊重しながら、現代と未来の暮らしの中で、輝いて生き続けるモノをつくります。

匠の遺伝子

飛騨の家具の伝統を受け継ぎながら、シラカワのものづくり
株式会社シラカワは、日本で有数の家具産地、岐阜県の飛騨高山で創業から50年以上にわたり、家具をつくり続けています。
飛騨高山とよばれるその地域は、古くから様々な地場産業が発達してきた、緑豊かで自然に恵まれた美しい場所です。古くは縄文時代から東西南北の文化が押し寄せ、複雑に交錯しあい発展してきた地域であり、「飛騨の匠」と総称されるように、全国随一の木づくり文化と伝統に培われてきた歴史ある家具産地です。その歴史と文化は、今日のものづくりの精神に繋がっており、現代の匠へと脈々と受け継がれてきました。
50有余年にわたる家具づくりの中で私たちが追い求めて来たもの、伝えたいことは、“日本の美と日本のモダニズムの融合” です。100年経てもなお新鮮と認められるような「100年モダン」をデザイン哲学に、日々商品をつくり続けています。
第四条「伝統を活かす」

第五条「永続性」

飛騨デザインは、長く使い続けられ、長くつくり続けられるデザインを目指します。

人と共に、時を重ねる家具

100年たっても新しい、100年たっても使い続けたい。そんな家具をつくりたい。
私たちは、市場の動向に左右されない時代を見越した本物をつくりたいと常々考えています。それは、暮らしの道具としての本質を見極める高い見識と、現代の匠として誇りのもてる技術があってこそ生まれるものです。人の感性に寄り添ったあたたかな感触、いつまでも使える丈夫さ、独自性の高い飽きの来ないデザイン性…。私たちはそれを「100年モダン」と名づけました。
“100年たっても古さを感じさせない家具をつくりたい” という思いと、“100年使える丈夫さ” を備え“修理しながらでも永い間使い続けたいと 思える愛情のもてる家具をつくりたい” という願い。
「100年モダン」をコンセプトに、シラカワでは、これからも、ものづくりの本質を見極め、現代の匠としての誇りを大切にし、さらに新しい伝統をつくってまいります。 
第五条「永続性」

飛騨デザイン憲章
詳しくはこちらをご覧ください。

COPYRIGHT © 2012 shirakawa ALL RIGHTS RESERVED.