株式会社シラカワ 家具のお手入れ

家具のお手入れ

木部

ふだん
ときどき乾いた柔らかい布で拭きましょう。
油よごれ
温湯(約40℃)で、中性洗剤を約500倍に薄め、タオルを浸してよく絞ってから汚れた部分を拭き、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。
マジックやクレヨンの汚れ
アルコールやシンナーで拭き取り、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。

張り地(本革張り)

ふだん
乾いた柔らかい布で拭く。
油よごれ
蒸しタオルを固く絞って拭く。または、中性洗剤を約500倍に薄めて拭くなどがあるが、種類によってはダメなものがある。詳しくはシラカワまで。
マジックやクレヨンの汚れ

※シンナー類は使用しない。

※市販のレザークリーナーやツヤ出しワックスは使用しない。

※直射日光の当たる場所や高温となる場所(ストーブの近くやエアコンの吹き出し口など)での使用を避ける。(硬化、変色の原因)

※湿度の高い所での使用を避ける。(本革は、湿度の変化により伸縮するので、湿度の高いときは、たるんだようになる場合がある)

張り地(人口皮革張り)

ふだん
乾いた柔らかい布で拭く。
よごれ
温湯(約40℃)で、中性洗剤を約500倍に薄め、タオルを浸してよく絞ってから汚れた部分を拭き、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。ただし、スエード調のものは乾拭きのみで。
※シンナー類は使用しないで下さい。
※市販のレザークリーナーやツヤ出しワックスは使用しないで下さい。
手あか、汗
温湯(約40℃)で、中性洗剤を約300~400倍に薄め、タオルを浸してよく絞ってから汚れた部分を拭き、そのあと温湯で拭き取って下さい。
飲食物
ティッシュや乾いた布で素早く水分をとり、温湯(約40℃)で、中性洗剤を約300~400倍に薄め、タオルを浸してよく絞ってから汚れた部分をたたくか、または押さえるように拭いて、そのあと温湯で拭き取って下さい。(こすってはダメ)
口紅やマジック
ベンジンやアルコールでたたくように拭き、そのあと温湯で拭き取ってください。

張り地(籐張り)

ヒゲのようなものが出て、座るとチクチクするする場合
柔らかい布で表面を拭いて、爪切りのようなものでカットしてください。

※籐は自然素材なので、湿度の変化により伸縮します。湿度が高いときは、座ると背中やお尻のあとがつくときがありますが、しばらくすると戻ります。湿度が低いときは、座るとキシキシと音をたてることがあります。瞬発的に強い力を加えると切れやすいので注意が必要です。

ふだん
ときどき乾いた柔らかい布で拭きましょう。
油よごれ
温湯(約40℃)で、中性洗剤を約500倍に薄め、タオルを浸してよく絞ってから汚れた部分を拭き、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。
マジックやクレヨンの汚れ
アルコールやシンナーで拭き取り、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。

※テーブルの上は、なるべく水気を避けて下さい。
茶碗などの底が、水やお湯でぬれたまま長時間放置すると、シミ(輪ジミ)の原因になります。(輪ジミがついたら、取れません)

ふだん
ときどき乾いた柔らかい布で拭きましょう。
油よごれ
温湯(約40℃)で、中性洗剤を約500倍に薄め、タオルを浸してよく絞ってから汚れた部分を拭き、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。
マジックやクレヨンの汚れ
アルコールやシンナーで拭き取り、そのあと温湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。

※ガラスを使用しているもの→ガラスには、ガラスクリーナーを使用しても構いませんが、木部にはつけないようにして下さい。(木部のツヤや色が変わることがあります。)

修理のお問い合わせ

まずはお買い求めになられた販売店までご相談下さい。

※詳しくは10年間保証・修理のご案内をご覧ください

COPYRIGHT © 2012 shirakawa ALL RIGHTS RESERVED.